誰でもわかるバッテリー入門

"多くの機器の内部で使用されている、内部配線コネクタというのは、端子をケーブルに接合していますがこれを行うためには圧着ペンチという工具を使用することとなります。

 

端子というのは何種類かありますので、端子の種類に合ったものを使用するようにしましょう。
普通のラジオペンチでも可能なのですが、接触不良を起こすことも考えられますので、圧着ペンチを使用するのが一番です。

 

圧着ペンチというのはコネクタ専門メーカーのコネクタ専用のタイプと、汎用的なものが販売されていますが、電子工作の場合におきましてはメーカー専用の圧着ペンチよりも、どのようなものでも圧着することが出来る汎用的なタイプを選んだ方が、いろいろなコネクタを圧着することが出来るので非常に便利です。

 

また圧着端子には様々な種類がありますが、内部配線コネクタにおきましては「オープン・バレル型」の端子が使用されています。"



【工事/部品情報】用途に合わせてペンチ選びブログ:18/10/16

最近、日本では肥満人口が増加しているといわれていますが、
中でも深刻なのが
娘の間で肥満が増加をしているということです。

娘の間で肥満が増加している背景には、
いくつかの要因があるようです。

まずは、食生活の欧米化。
欧米のご飯というのは、
高カロリーで脂肪分が高いことで知られています。
こうした欧米の食生活が、娘の肥満を増やしている要因として
挙げられています。

また、体操不足も指摘されています。
多くの娘が放課後も夕方遅くまで塾などに行くようになり、
遊ぶ時間が少なくなっているようです。

さらに、遊ぶ時間があったとしても、
テレビゲームをして過ごすことが多くなってきています。

ですから、
外に出て体を動かしながら遊ぶという習慣が少なくなっているために、
体操不足の娘が増加をしているわけです。

また、親の生活も娘の肥満を増やしている要因となっているようです。
ライフスタイルが変わって、両親が共働きであったり、
片親と暮らす世帯が増加をしています。

なので、娘がいたとしても、
娘にのために、時間を割いてきちんとしたご飯を作ることが
難しくなってきているそうなんです。

すると、冷凍食品やコンビニ弁当といったものが
ご飯の主流になってしまいます。

冷凍食品やコンビニの弁当というのは、
揚げ物が多かったり脂肪分が高い、もしくはカロリーの高いものが
多いですよね。

こういったことが絡まりあって、
娘の肥満が増加をしていると懸念されているのです。